車検について知ろう

大切な車検

自動車を所有すると一定期間ごとに車検を行わなければなりません。正式には自動車検査登録制度と呼ばれるものであり、法律によってこれを実施することが求められているものです。自動車やバイクの安全性を保証するため、また、所有権を認めるために国土交通省が主体となって行うものです。

車検を受ける場所は、その車両の所在地を管轄する運輸支局が一般的です。軽自動車を検査するのは軽自動車検査協会になるため、そちらが管理している検査場で行うことになります。ただし、このモータリゼーション社会において、すべての車両を運輸支局や軽自動車の検査場で検査を実施することは不可能と言っても良いでしょう。このような背景から、指定を受けている自動車整備工場では整備や検査を行うことができます。

私たちが俗に車検と表現するものは継続車検と呼ばれるものであり、その他にもさまざまな自動車検査があります。自動車メーカーが製造してからの保証期間を過ぎてしまった車両や登録を抹消している車両についての新規検査、検査と新規登録を分けることで中古車や輸入車の売買をスムーズに行うための予備検査、車両の要件が変わった時に確認するための構造等変更検査があります。それぞれ、役割が異なるため、日常生活で目に触れる機会がないものもあります。

当サイトでは車検に関するさまざまな情報をご紹介します。車検に関するコンテンツを通じて、検査や登録の大切さについて理解していただければ幸いです。

~PICK UP~
全国に270店舗を展開しているホリデー車検の公式サイトです ⇒ 車検

概要と実施場所

車検とは自動車やバイクを検査する制度です。日本国内では一部の特殊な自動車や250cc未満のバイクを除き、自動車や自動二輪車は保安基準に合格していなければなりません。また、自動車の所有権を法的に認めるという目的もあり、国土・・・

詳細はこちら

検査の種類

自動車の検査は大別すると4種類に分かれます。一般的に馴染みがあるもの、そうでないものがあると思います。ここでは検査の種類についてご紹介します。 新規検査は当日中に検査と登録を実施し、自動車検査証を・・・

詳細はこちら